MENU

好きな男性にやってはいけないNG行為とは?

恋愛はさまざまな波が来る時期がありますが、お互いの波が上手くかみ合わなくなった時に別れがやってきます。

 

あんなにラブラブだったのに、何気なく自分が言った言葉で相手の怒りに火を付けてしまい、一気に嫌われフラれてしまうこともあります。

 

男性は突発的・衝動的に行動する事が多いので、今までは許していても、あなたが発した一言が引き金になったというだけで、他にも彼が我慢してきたあなたのNG行為があったから、一気に別れの道まで突っ走ってしまう事もあります。

 

そんな悲しい結果にならないように、好きな男性にやってはいけないNG行為をアドバイスしたいと思います。

 

●好きな男性にやってはいけないNG行為とは?

 

・とにかくいつも愚痴や悪口、毎日嫌なことばかりを言ってくる

人は負のオーラをまとっている人といつもいると、精神的に負担が増し一緒にいるのも嫌になってきます。

 

特に人に対しての悪口というのはその人の人間性も疑われますし、もし本当にその人おくの事が嫌なら付き合わないよにするなどの手立てを取ればいいのに、ただ文句を言っても何の解決にもなりませんし、自分の品性を下げるだけです。

 

しかも男性が女性と付き合う上で、恐怖に感じていることの上位にランキングされる嫌なことは「女性のヒステリー」もし愚痴や悪口を言うなよと指摘したのなら、彼女に逆上されヒステリーを起こされかねないので、指摘もできずイライラだけが募っていきます。

 

モテる女性はこんな愚痴や悪口はいいませんし、ネガティブ思考は一文の足しにもならないことを知っています。彼氏だからといって愚痴や悪口をいって甘えるのではなく、反対に彼氏を甘えさせてあげ、彼を立ててあげるくらいの度量が必要です。

 

・すぐにメールを見たり、とにかく束縛が激しい

好きになったら彼氏一筋で、友達との連絡も取らなくなるなど彼氏にのめりこんでしまう女性はよくいますが、こういう一途さは相手との関係が上手くいっている場合にしか通用しません。

 

毎日帰ってきたらメールか電話をする、飲み会に本当に行っているか確認の電話を入れる、もし忘れていたのなら逆上してすぐに浮気してるからと攻め立てるなど、こういった行動は彼の愛情を消耗させるだけで、恋愛寿命を短くさせます。

 

男性の中には、彼女がいると束縛されるから付き合わないという人もいるくらい、束縛を嫌います。

 

これはまだお付き合いしていない男性にも同じことで、相手のことを何でも知りたいと取調べのように何でも知りたがるのはよくありません。愛情があるからこそやっていしまうと愛情を盾に取る人もいますが、愛情は欲しいなら相手の気持ちをまず第一に考えてあげるようにしましょう。

 

・言いたいことも言わずに我慢している

彼のいう事に反論もせず、嫌なことをしても何のリアクションも取らないなど、女性の中ではじっと我慢することが美徳と思っている人がいますが、これは間違いです。

 

いざケンカになった時、あの時は嫌だったなど終わった事をほじくり出されると、男性はうんざりしてしまいます。

 

男性は基本的に鈍感で、女性の変化やサインなどにも無関心な事が多いので、感じた不満はなるべく言いましょう。言い方はあくまでソフトに、角がたたないように言うのがポイントです。