MENU

男性を外見だけで判断する女性はチャンスを逃す

好みの男性を探すとき、まずは自分のなかの「イケメン」を見ていませんか?
もちろんそれは当然のことで、男女ともに同じ感覚をもっているでしょう。
実際に、女性は男性の「顔」を重視していて、男性は女性の「スタイル」を重視しているという心理学の結果がでています。
でもそれだけで、自分にとって大切にしたい人かどうかを、すぐに決めてしまうのは、なんだか変だと思いませんか?
個人差があったとしても、顔、性格、スタイルを組み合わせて、相手のことをどう思うかが大切でしょう。
それでは、外見だけで選ぶのが、どれだけチャンスを逃しているかを説明します。

 

1.外見だけで自分の気持ちを判断するのは早計

 

お見合い写真をみるとき、女性は写真に映る男性の顔だけをみて、自分の好みかどうかを判断します。
もしも、自分の好みにピッタリであれば、会ってみたいと思うし、そうでなければ、会いたいとは思わないことがあります。
確かに、人の顔つきは心を映しだす鏡といわれていて、性格がよさそうとか、自信をもっているなどの、あらゆる情報をみつけることができます。
一目惚れが多いのは女性のほうで、そのまま恋愛をして、結婚までする人もいるようです。
それが悪いことだとはいえませんが、後になってから、顔だけでなく、性格や価値観などを、もっと色々と知っておけばよかったと、残念に思う可能性もあるのです。
このように、「イケメン」という理由だけで、すべてを早く決めつけてしまうのは、他にも出逢えたかもしれない男性とのチャンスの場を、逃してしまっているのです。
早計に判断するのではなく、もっと深く相手を知ろうと考えるようにしましょう。

 

2.あまり好みではない男性とも話してみる

 

外見がストライクゾーンから離れている、そんな男性からアプローチをされれば、あなたは一体どのような態度をとりますか?
「会いたいとも思わない」「話したくもない」なんて思って、すぐに縁をきろうとしていたら、その行動は要注意です。
好みではないという、どちらかといえばマイナスない気持ちから入るとしましょう。
期待していない分、意外と気が合うということもあるのです。

 

一緒にいて楽しい気分になるとか、自分の良いところをたくさん褒めてくれるとか、そんな大切な存在にシフトすることだってあるのですから。
好みでないというだけで、最初から距離をとっていれば、このような良い関係をつくることができなかったのです。
それは、大きなチャンスを逃していると思いませんか?

 

世の中のモテる女性の特徴は、「どんな男性とも1度はじっくり話してみる」という広いスタンスをもっています。
もっと視野を広くもって、偏見をもったり、早計な決めつけた考え方をしていないということです。
だからこそ、いろいろな男性と出逢って、経験をつんだモテる女性になるのでしょう。

 

おわりに

 

「自分の存在を大切にしてくれる人を愛する」というのは、「相手の存在を心から大切にして愛したい」と同じ意味です。
誰かを信頼して愛するには、とても時間がかかるのです。
決して外見やスタイルだけで、すべてを知り尽くすことなどできません。
自分と相手の価値観があっているかどうかを、瞬間で判断してチャンスを逃さないようにしましょう。