電話占いは、いつでも自分の好きなときに占ってもらうことができます。

困ったときはすぐに相談したいですよね。

朝早くや仕事が終わって一息ついた深夜などでも気軽に占ってもらうことができます。
占い師のところへ足を運ぶ必要がないので、交通費も不要です。

街角などの占いは、その場所へ行くときやその付近で知っている人に会う可能性があります。
占いを受けに行くのを知られたくないこともあるでしょう。

占い師と顔を合わせて話しづらい、ということもあるかと思います。

電話占いなら、自宅から占いを受けることができるので、知り合いに合うこともなく、顔が見えないので話しづらいことも相談しやすくなります。

電話占いの選び方

電話をしてまず対応してくれるのがオペレーターです。
電話占いを選ぶ時は、オペレーターの対応がよいところを選びましょう。
不快になるような対応のオペレーターであったら、その占いは避けたほうが無難です。

インターネットで電話占いで検索すると、表示されるページの上または下や横に広告が出てきます。
この広告に表示される占いはやめておきましょう。

評判がよければ、わざわざ広告を出さなくても人が来てくれるはずです。
口コミを参考にするのもよいでしょう。
一人の人がよいと言っているからと安心せず、多くの人の口コミを参考にして選びましょう。

占いの種類

占いの仕方にはさまざまな種類があります。

タロット、占星術、オラクル・カード、数秘術、前世占い、ルーン、誕生日、動物占いなど、数多くのものがあります。

どの占いがよいか分からないときは、口コミを参考にしたり、自分の興味があるものを選ぶとよいでしょう。

占い師の選び方

どの占いサイトで占ってもらうかは大切ですが、誰に占ってもらうかも大切です。
自分に合った占い師でないと、占ってもらっても納得が行かないはずです。

まずは、プロフィールを確認しましょう。
顔写真を見てどんなことを感じますか。
自分のフィーリングを大切にしてください。

その占い師がどんな悩みを得意とするのかも見てください。
自分が占って欲しい内容を得意とする占い師でしょうか。

占いを受けた人の体験談も参考になります。
その占い師の評判はよいですか。
占ってもらった人は満足していますか。

どんな人に話を聞いてもらいたいか、で選ぶのもよいでしょう。
はっきりといってくれる人、話をじっくり聞いてくれる人、優しい人、柔らかい話し方の人。
自分に合った占い師を見つけましょう。

しっかりと見極めて占いサイト、占い師を選べば、電話占いはあなたの悩みを解決へと導いてくれるでしょう。気軽に電話してみてください。

電話占いで元カノと復縁した。

テレビで電話占いの特集を見た時は、そんなに興味がありませんでしたが、昨年、長くつきあっていた彼女と別れてしまい。

私は別れたくなかったのですが、彼女の方から話を出され、理由を聞いても曖昧な返事しか返ってこなかったので、何かモヤモヤとした気持が胸にのこり、憂鬱な毎日を過ごしていました。

新宿駅の近くにある占い師に見てもらおうかなと一度思ったのですが、料金が高く、ちょっとそんなに払ってまで占いしてもらってもなあと思い、諦めていました。

ふとした時に雑誌で、以前、テレビで特集をみた電話占いの記事を見て
料金を調べると凄く安いことがわかり、この料金なら、占いがはずれても社会勉強だと思い、電話占いのサイトを見て見ました。

驚いたことは、凄くたくさん占いの先生がいることです。
どの先生がいいのか、全く判断ができなかったので、何となく、高齢の人の方が力が強いのではないかという単純な理由で、タロット占いの先生に決めて電話をしました。

彼女との付き合いや別れのこと、お互いの生年月日などを話すと、電話の向こうでタロットで占ってくれました。

電話とはいえ、やはり、どんな答えがでるかドキドキしていました。

別れの原因は、彼女に異性の影が見えるということでした。私はああ、やっぱりと落胆しましたが、その後、出てきた言葉は、しかし、この異性との恋愛はうまくいかないということです。

復縁することは可能ですか?
と聞いたのですが、それは、貴方次第なので何とも言えない、しかし、時期的には今年の冬から春の間くらいにアクションを起こすのがいいと言われました。

半信半疑だったのですが、頼るのがその占いの言葉しかなかった為、冬まで我慢して彼女には連絡をとらず、次の年の2月に彼女に電話をしてみました。
驚いたことに、彼女は電話口で泣き出して私に謝ってきました。

そして彼女の方から、もう一度やり直したいという言葉を言いました。

すごく驚きましたが、当然私の答えはOKです。
まだ復縁して3ヶ月くらいですが、今は仲良くやっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です